忍者ブログ
エレクトーン(特にELシリーズ&STAGEA)を(色んな方向から)愛してやまない管理人が、エレクトーンや音楽について色々と語っております。
 


作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2015年2月7日


私の通っていた中高一貫校での仲間達への思いを曲にしました!


私の通った中学高校はとっても自由な場所です。
私服なのはもちろん細かい校則もなく、生徒間の厳しい上下関係もありません。
教員の事も先生とは呼ばずにさんづけやあだ名で、話す時もため口です。
生徒も教員も、学校にいるすべての人間が対等な立場におかれている場所なのです。

そんな学園生活で大きく学んだ事が「人を仲間として大切に思う事」。
人を好きになる、というとどうしても恋愛に偏りがちですが、当時の私にはクラスメート達、ほかのクラスの人、先輩達、後輩達、教員達…たくさんの大切な人達と仲間としての関係を作る事のほうが恋愛よりも遥かに深く濃く、大事な事でした。
なのでこの学園に入ってから、一度も恋愛してません。(笑

そりゃもちろん自由な楽園の中でもそれなりにつらい事や苦しい事もありました。
それでもこの学園に通っていた事を心から誇りに思っているし、楽しい学園生活だった!と胸をはって言えます。
それはきっと、いやな事があってもそれをちゃんと「いやだ」と言える環境にあったからだと思います。小学校時代じゃありえない事ですよね。
「自由に生きていいんだ」という事を学んだおかげで、卒業後に進学した学校でもちゃんと自分の意思表示をする事ができました。


今回はポップスです!
ストリングスのフレーズは小学生時代にいつか聴いたJ-POPの雰囲気を参考にしています。(どんな雰囲気だよ笑)


人を大切に思う気持ちは恋愛だけじゃないという事、そして何より私の大切な仲間達の優しさが伝われば嬉しいです!!(*^-^*)


録音済みのオリジナル曲はこれで全部なので、ここでひとまず投稿終了…
次の録音がいつになるか分かりませんが、気長にお待ちいただければ幸いです^^




作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2015年1月19日


一般的な学校や社会でのいきすぎた点数主義、管理教育、上下関係などへの疑問をぶつけてみました。


勉強ができれば何でもいいっていうのは、私が行ってた(つーか学区域だからとむりやり行かされてた)小学校がそうでした。勉強第一!っていう。
そういう環境の中でどうすれば教員に嫌われないですむか、しかられないですむかだけを考えて生きてました。
で、中学も近くなってきた頃某通信教育の中学特集で目の当たりにしたのが校則や上下関係の異常な厳しさ。
は?ふざけんな!ぜってーーー学区域の中学なんて行ってやんねえんだからな!!と、自由な校風の中高一貫校へ進学しました。

一般的な管理教育って、人を物として扱って社会の型にはまる人間を製造していく工場みたいだな、と思うのです。
そして年が上であれ下であれ皆同じ人間。
みんなに同じように権利があるべきだと思います。


曲の雰囲気的にはPerfumeさんの初期の曲「コンピューターシティ」的なかっこよさをイメージしていたのですが…なんかすげーださくなりました\(^o^)/おっかしいなぁ…
メロディーを作る時、あれこれ考えすぎたのがよくなかったかな…むむむ
01C時代に作ったレジストなので、02Cのリズムとかも入れてリメイクを試みてもいいのかもしれない…


この歌詞にこめた事を考えているのは私だけではないと願いたいです。
 


作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年12月17日


2月になりましたね。
バレンタインも近いという事で…koha-C初のラブソングをお届けしたいと思います。キャー
歌詞は高校の時の課題「恋文」で出した文章が元になっています。


歌詞(課題)には私なりの恋をした時の気持ちをつめこんだのですが、課題を全部歌詞にして曲にしようと思ったら…長い!!なげーんだよコノヤロー!!!というサイズになりました/(^o^)\だらだらしててすみません…
しかもイントロエンディングもよろよろで残念な事になっております。なんてことだ

そんな色々と恥ずかしい曲ですが、少しでも皆様の心に響く事ができれば幸い!


ちなみに今koha-Cは恋をしているのか?というと…ちょっと恥ずかしくて答えられないですね。恋してる場合でも、してない場合でも(笑
でも数年前に兵庫水軍の舳丸の兄貴の話を母にしたら「恋してるのね」って言われた事はあります(^o^)
 


作曲・編曲・演奏/koha-C
作曲:2002年秋 リメイク:2006年春頃


小4の時のJOC(ジュニアオリジナルコンサート)で発表した曲をリメイクし改題したものです。
当時はまだピアノ専攻でしたが、エレクトーンを始めてドハマりし、作曲も勝手にエレクトーンでやりはじめてました(笑
結局その年のJOCはエレクトーンで出させていただいたのです。
そういうわけで、初めてエレクトーンで作った曲です^^


何しろエレクトーンで初めての作曲、初めての音色作り。
当時使っていたEL-70で音色を色々探ってみて、その全てが新鮮でした。
トレモロストリングスって、秋の風みたいだな。これにはクラリネットが合いそうだな。ビブラフォン入れてみよう。これがエレピの音か、これがジャズオルガンの音か。
…という具合にいいな、と思った音色をあれこれ取り入れてみたら「あんたクラシックとポピュラーどっちがやりたいねん!」というハーフなレジストができあがりました\(^o^)/
なので作曲がどうこうというよりは初めての音色遊びという感じですかね…
強いて曲自体について挙げるならば、AM7とGM7をひたすら使いたかったというのはありますが。

中学になってELS-01Cを使うようになり、音色もナンバーボタンも増えたので、STAGEA仕様にリメイクしました。その時に録音した演奏がこのデータです。
発表当時はリズムを入れて演奏したのですが、今回は諸事情によりリズムを抜いています。
まぁもともとリズムを入れる事は想定しないで作ったものなので、原点に帰った感じがしてこれはこれでいいかなと^^
でも、リズムを抜いた演奏データを再生したら…ミ、ミスがいくつか…/(^o^)\
直そうとするとかえってひどくなりそうなのでこのままで…す、すみません。


この曲も自分でやりたい!と思って行動した部分が多いので、わりと気に入っています。
思い出もいっぱいつまっていますからね!^^
 


作曲・編曲・演奏/koha-C
作曲:2005年秋 リメイク:2012年春


中1の時のJOC(ジュニアオリジナルコンサート)で発表した曲ですが、こちらは20代になってから自分の納得いく形に作りなおしたものになります。
(JOCに向けて改変されていったものを元に戻した、といったほうが正しいですが(^o^))


この年は入りたかった中高一貫校での学園生活が始まったり、うちにSTAGEA ELS-01Cがやってきたり…新しい事がいっぱいの年でした。
そんな、未知の世界を探索するようなわくわく、そしてちょっぴりどきどきする気持ちを曲にしよう、と思ったのです。

モチーフ自体はELシリーズ時代に基本レジスト5(そう、宇宙のマークのあれです)で何となく弾いていたものが元になっていて、そこからどんどんふくらませていきました。
音色はSTAGEA01シリーズの基本レジストのいくつかをベースにしています。
そして…リズムは全部、一から自分で打ち込みました。
頭の中ではこういう曲にしたい!というイメージがバーンと浮かんでいたので、それに合わせてない知恵絞って、もう感覚で打っていったという感じですね…
STAGEAになったばかりでまだ新しいリズムキットがよく分からず、ずっと慣れ親しんできたELキットを使用しました(^o^)


毎年泣き泣き参加していたJOCですが、この曲はJOCのために作った、というよりは自分で作りたい!と思って作った曲なので、JOC時代の作品の中でも一番気に入っています。
モチーフの展開やリズムなど、こだわりがつまった曲です。


未知の世界への冒険、“First Adventure”。
新しい年の始まりにお届けしたいと思います!!
(01Cバージョン)
 
(02Cバージョン)




作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年12月3日 02Cリメイク:2016年春
エレクトーンフェスティバル2016フリースタイル部門ソロ楽器店大会「ナイスアピール賞」受賞作品


エレクトーンが大好きだ!!という思いを曲にしたくて、作ってみました!


エレクトーンの特長や魅力、私のエレクトーンに対する思いを歌詞につめこみました。
個人的に推したいポイントは、和楽器の音も出せる事。幅広いジャンルの音楽ができる事。そして、全身をフルに使って演奏する楽器である事!!
タイトルにも歌詞にもある「マジカルキーボード」という言葉は、この曲を作ろうと思った段階でぱっと浮かんできました。
エレクトーンって、魔法みたいなキーボードだな!って。

明るい曲にしたいと思い、今回はアップテンポなロックにしました!
この曲で、エレクトーンっておもしろいぞ!!エレクトーンってこんなに楽しいヤツなんだぞ!!って事が少しでも多くの方に伝わればいいなと思っています(*^-^*)
 


作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年11月29日


いつもぶつかってばかりの妹、U-sagi(うさぎ)について曲にしてみました。


U-sagiは姉妹の真ん中で、末っ子H-aruと同じ知的障害があります。
中学生の時にコイツの必殺技「ウサ☆キック」を食らいまして、その時に「ちくしょう!もう絶対面倒なんか見てやんないんだからな!!」と思ったはずなのに…どういうわけか毎日毎日絡んでいるんですね。謎です…姉妹ってそういうもんなんでしょうか…
(※障害者偏見・差別防止のためにはっきり申し上げておきますが、全ての知的障害者がウサ☆キックをするわけでは絶対にありません。ご理解いただければと思います)
でもって、身長差20cmの彼女を相手に色々と奮闘するわけですが、その有様がまるでコントみたいで…時々「どこのコント集団だよ!!」とセルフつっこみしてしまうほどです(笑
ひょうきんU-sagiのおかげで毎日がおもしろおかしく、コントなのです。

あんまり深い事は考えずに作曲していったのですが、それが逆によかったみたいで、わりといい感じに仕上がってしまったみたいです…べ、別にそんなつもりじゃ、なかったんだからね!!
今回はジャズで、間奏などのフレーズはひょうきんな感じを出したいなーと思い、ミュートトランペットを使ってみました^^


皆さんの周りにも兄弟姉妹、クラスメート、先輩後輩など…「どうでもいい奴のはずなのに、なぜか気になる」「ほっときゃいいのに、ついつい絡んでしまう」そんな人はいませんか?
そういった複雑な気持ちを歌詞にできていればいいなと思います^^
そして何より、姉妹のコントな日常を思い浮かべて笑っていただければ幸いです!!(^o^)
 


作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年11月21日


私の最愛の妹、H-aru(ハル)への思いを曲にしてみました^^


H-aruは姉妹の末っ子ちゃんで、ある知的障害があります。
末っ子らしく甘え上手で、まるで猫みたいな子です。
そんなH-aruの笑顔はとってもかわいくてきらきらしてて、私も家族もその笑顔に何度も救われてきました。
H-aruには周りの人達を幸せにしちゃうパワーがある。
彼女はそんな“Happiness Girl”だと思うのです。
ちなみにH-aruも音楽が大好きで、好きな音楽ジャンルは「童謡」です^^

H-aruの事がかわいすぎて毎日くっつきながら「かわいい~」を連発しているkoha-Cお姉ちゃんは家族から「H-aruファンクラブ会長」と言われてしまうほどの姉バカっぷりです(^o^)
でも、それほどH-aruの事が大大大好きだし、胸をはって言えます。この子を「愛してる」と。


リズムは6/8トランスです!
レジストレーションメニューを探っていて、はずむ感じがH-aruのイメージにぴったりだと思ったので。
あんまりこりすぎるとらしくないかなと思い、あまり難しい事は考えずに、でも大切に作曲していきました。


かわいがっている弟や妹、子供さんなどがいる方にぜひ聴いていただきたいです!!
家族の温もりを感じていただければ幸いです^^
 


作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年11月17日


クリスマスの時期のわくわくする気持ち、そして幼い頃の思い出を曲にしました!
ちょうど今の時期にぴったりになりましたね^^


…はい。わたくし、14までサンタクロース様を信じてました\(^o^)/ハズカシイイイ
我が家のサンタクロースの正体は母でした。
打ち明けられたあと、今まで幼い私の夢を壊さないように毎年大変な思いをさせていたんだな、という申し訳ない気持ちや毎年わくわくする気持ちをくれてありがとう、という感謝の気持ちがあふれでてきて…部屋で一人涙をこぼしたのはここだけの話です。へへ

今回はテクノポップです!
音色はシンセベルやベルパッドなどを使い、クリスマスのきらきら感が出るようにしました^^サビのリズムにもベルをプラス!
しかし…2番サビの譜割りがムリヤリ感半端ないっすね/(^o^)\
当時の俺にはこれが精いっぱいだったんや…
 
 
この曲を歌う時は自然に幼い感じの歌い方になります。
子供の頃のようなわくわくする気持ちを少しでも感じていただければ幸いです^^




作詞・作曲・編曲・ボーカル・エレクトーン/koha-C
作曲:2014年11月14日


前作「unaware of the VOICE」を作ったあと、私にも作曲ができた!という驚きや挑戦した気持ちを曲にしたくなって作りました。


それまで私にはずっと、作曲には苦手意識がありました。
JOC(ジュニアオリジナルコンサート)に出ていた小4~中2の頃は、時間に追われる中、それでも自分なりのこだわりを持って作ったメロディーも簡単にダメ出し&却下の嵐。
大嫌いな作曲講座では散々嫌味を言われ、泣いて帰った事もありました。
そんな過去からずっと、私は「作曲ができない人」だと思っていたのです。
でも大人になって色々なアーティストさんの曲を聴くようになった今、あの夢がきっかけで曲を作る事ができた。
「できない」って決めつけないでやってみて本当によかったと思っています。
本当にあの夢は神様からのメッセージ、神様が与えてくれたチャンスとしか思えません…運命…(夢のメッセージとかそういうの、結構信じるタイプです)


かっこいい曲にしたいなーと思い、キーは大好きなCm(=E♭)、リズムも大好きなトランスにしました。
なので曲自体は気に入っているのですが、ボーカルが残念な事になっております…すみません/(^o^)\

でも、「できたらいいな…でも、自分にはできない…」と思っている人が少しでも前に進めるような、そんな力になれたら嬉しいです^^
Counter
koha-Tube
エレクトーン動画コンテスト2017自由部門入選作品




エレクトーンって一体何!?
デモンストレーションやってます♪



最新コメント
[09/25 如月]
[05/30 如月]
[04/19 如月]
[04/04 如月]
[03/24 如月]
[03/20 如月]
[04/26 ハルカ]
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Blog内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]
PR