忍者ブログ

Second Expression ―目指せ、エレクトーンマニア―

エレクトーン(特にELシリーズ&STAGEA)を(色んな方向から)愛してやまない管理人が、エレクトーンや音楽について色々と語っております。

うにとろプロジェクト2006 オーディション

中学生の時、人生初のオーディションというものを受けました。
エレクトーンライブハウスツアー「うにとろプロジェクト2006」のオーディションです。


※長くなるので続きは追記より!


*****



うにとろプロジェクトの事は月刊エレクトーンなどで知ってはいたけれど、実際に見に行った事はなく、ライブハウスというのがどんなものかも全然知りませんでした。
今回のオーディションの事も「あ、今年もやるんだ」くらいに思っていたんですが、先生が「受けてみたらいい」とおっしゃって、その瞬間すぐに「受けよう」と決めました。
前年のうにとろ2005も含め、月エレを見ると載っているティーンズ達にいつも憧れていました。
私もいつかああなりたい!って。
もしかしたらそのチャンスをつかめるかも…!?と、どきどき、わくわくしてきました。


オーディションの会場は、エレクトーンの聖地とも言える「エレクトーンシティ渋谷」のスタジオ。
もちろん来たのはこの時が初めてでした。
中に入ってスタジオに向かう途中色々見て「何だかすごい所に来ちゃったぞ…」と思いました。
スタジオのロビーで自分の順番を待っている間、どきどき、わくわくでいっぱいでした。


しばらくして…ついに私の番がきました。
名前を呼ばれて、スタジオの中に入ると…
いらっしゃいました。
「うにとろ」のプロデューサー、富岡ヤスヤさん!!
めっちゃ興奮しました。
元気よく挨拶をして、エレクトーンへ向かいました。

さぁ、いよいよ演奏する時がきた。
今回私が弾いたのは、クラシックがポピュラー風にアレンジされた、お気に入りのかっこいい曲。
がんばるぞ~!!とスマートメディアを差し込み、プレイボタンを押しました。
カウントが鳴り、演奏スタート~!…と思ったら、とんでもない事が起きました。
なんと、いすがぐんっと後ろに下がったのです。
床がつるつるしているとは思わずに弾きはじめたものですから、そのあとがもう大変。
ベースなど結構動きが激しい曲だったので、弾けば弾くほどいすは後ろに下がっていくばかり。
曲の中間に入ったあたりではもう今にもエレクトーンといすの間に落下しそうでした。
「うわぁ~~~これ以上暴れたら絶対落ちる~~~助けて~~~」と思いながら弾いていました。
あ、でも笑顔は忘れませんでしたよ。(笑

もう限界…というところでヤスヤさんが「はい、もういいよー」とおっしゃいました。
助かりました。(笑
ヤスヤさんにも「いすから落ちそうだったね、これ以上やってたら落ちてたね」と言われました(笑


そのあと、ヤスヤさんからの質問に答えていきました。

ヤスヤさん「部活は何やってるの?」
koha-C「特に何もやってないですね~」
ヤスヤさん「じゃあ、家に帰ったらエレクトーン弾くんだ」
koha-C「そうですね」
ヤスヤさん「エレクトーンばっかりやってる?」
koha-C「いや、そんな事はないですね、好きな事したりもしますよ」
ヤスヤさん「どんな事が好きなの?」
koha-C「う~ん…一番好きなのはエレクトーンだけどー…」

ここで少し次の言葉に困ってしまいました。
エレクトーン以外にも好きな事やものはいっぱいあるし、でも「色々です」なんて言ったら絶対つまらないなーと思い…
そこでとっさに答えたのが…

koha-C「私、意外に鉄道マニアだったりするんですよ!」

…どうしてそうなった。

でも鉄道が好きなのは事実で、通学に使っていた鉄道の車両や路線に興味を持っていました。
スタッフさん達が「お、てっちゃんだ」ってわいわいしてました(笑

ヤスヤさん「じゃあ運転席のぞいたりする?」
koha-C「あ、それも1回やった事ありますよ」

私のわけ分からん話題からも、ヤスヤさんは話を広げて下さいました…

気がついたら私、かなりテンションが上がっていました。
とにかく言葉につまっちゃいかん!ハキハキとしゃべろう!と思っていたので…

ヤスヤさん「へぇー、明るいね」
koha-C「そうですか?^^;」

普段の私はここまで明るくないかもしれません。


エレクトーンの機能面でのチェックをしたあと、オーディションも大詰め。

ヤスヤさん「合格したら、どんな事をしたい?」

さぁ困った。
具体的に何をやりたいかという肝心な部分を、なんと考えていなかったのです。あほですね…
でもとにかく今思っている事を言おう!と思い、口を開きました。

koha-C「…とにかく気持ちの伝わる演奏をしたいです」
ヤスヤさん「例えばどんな?」

どんどん追いつめられていくkoha-Cさん。
でももうここまできたら、当たってくだけるしかない!

koha-C「そうですね~、うまいとか下手とかは気にしないで、とにかくこう…ガーーーッとやる…そんな感じです!!」

…ちょっと自分が何言ってるか分からない。
でもヤスヤさんは「言ってる事分かるよ」と言って下さいました…


開始から15分ほど、オーディションは終了しました。
スタジオから出てきた私を見て、つきそってくれた父に「すごい楽しそうだったねー」と言われました(笑
実際、めちゃくちゃ楽しかったです!!
合格したいとかそういう事は関係なく、もうほんとに。
興奮冷めやらぬ帰りの電車の中、その余韻にひたっていました…


しばらくたって、結果が届きました。
まぁ、普通に落ちましたよね。\(^o^)/
市販の曲を弾いただけでしかも合格したら何をしたいか考えてこなかったあほが当然受かるはずもなく、納得の結果でした…
でも、ショックとかは全然ありませんでした。
やっぱりオーディション自体がすごく楽しかったからかなぁ…
合格はできなくても、オーディションを受けたというだけでもすごく意味のある事じゃないか!!と。
いい経験をさせていただきました…


そのあと、うにとろの招待チケットが届いたので、見に行きました。
いやー…なんというか、とにかくすごかったです。
初めての事だらけで、色々と圧倒されてしまいました…
でも、いつも月エレやHPで見ているだけだった方々を実際に見て、演奏を聴いて、すごく興奮しました!
シンガーソングライターの杉恵ゆりかさんを知ったきっかけになったのもこのライブツアーです。


初めてのオーディションやライブハウス、うにとろプロジェクト2006。
オーディションも当日の参加も、どちらも素敵な経験になりました。
PR

Counter

koha-Tube

エレクトーン動画コンテスト2017自由部門入選作品

こちらをぜひご覧下さい

Web番組「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」
エレクトーン、始めませんか?



最新記事

最新コメント

[09/25 如月]
[05/30 如月]
[04/19 如月]
[04/04 如月]
[03/24 如月]
[03/20 如月]
[04/26 ハルカ]

Category

Calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Archives

Blog内検索

koha-Cの本棚

Links

バーコード