忍者ブログ

Second Expression ―目指せ、エレクトーンマニア―

エレクトーン(特にELシリーズ&STAGEA)を(色んな方向から)愛してやまない管理人が、エレクトーンや音楽について色々と語っております。

エレクトーンとの出会い

何から書いていこうかなぁと迷ったのですが、やはり最初の最初からだな、と思ったので、
エレクトーンを知ったきっかけや始めた時の事を書こうと思います。



「エレクトーン」という言葉を知ったのがいつかはよく覚えていませんが、ヤマハ音楽教室に入った保育園の頃あたりにもう知っていたのは確かです。
何しろ、レッスンや教材でナチュラルにエレクトーンという言葉が出てきますからね。
さすがヤマハさんです。
それでEL-90やELK-10を見て、こういう鍵盤楽器の事を「エレクトーン」って言うんだな、とぼんやり、何となく思っていました。


幼児科を修了したあとはピアノを専攻していたのですが、うちに中古のEL-70があったので、アンサンブルの練習の時などにはそれを使っていました。
それで、ある時のアンサンブル発表会のための曲を練習していた時に、ふと、その楽譜がもともとはエレクトーン用である事に気がついたのです。
自分のパートだけじゃなくて上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤で全体を弾いてみたら、もうそれが楽しくて楽しくて!
両手と足を使って演奏するという行為がただただ楽しく思えました。
結局その曲はソロでも弾けるようになりました。


こうして、小学4年生の時からエレクトーンの練習をするようになりました。
エレクトーン用の曲集も買ったし、その年のJOCはエレクトーンにしたり、地元のイベントに出させていただいたりもしました。
演奏する楽器としてだけじゃなく機能面でも興味津々で、毎日EL-70の説明書を片手にパネルとにらめっこしてました。
機種にも興味を持つようになって、エレクトーンのパンフレットを集めたりもしました。
機械としても、エレクトーンって本当におもしろい!
そんな、エレクトーンに夢中な日々を送っていました。

そんな中、ある日のピアノのレッスンでうまくいかなくて叱られて、泣いた時がありました。
その時私は初めて「ピアノは特に好きではなかった」と気がつきました。
なんで私はピアノをやっているんだろう、って。
ヤマハに入る前からピアノをやってきたけれど、それはただやらされていただけで、ピアノのレッスンを受ける事が当たり前になりすぎていて、自分の気持ちに気づいていませんでした。
帰ってきて大泣きしました。
ピアノなんてもうやめたい、エレクトーンに変えたい、と。
好きでもないピアノをやって叱られるなんていやだ。
私はこれから大好きなエレクトーンをやっていきたい、と。

その次のレッスンから専攻楽器をエレクトーンに変えて、小学5年生からエレクトーンのレッスンを本格的にスタートしました。



…と、私のエレクトーンとの馴れ初め(笑)はこんな感じです!
あれからもう10何年かぁ…早いなぁ…色々あったな…
こうして振り返ってみても、やはりエレクトーンは私に色々な事を教えてくれた、大切な楽器です。
PR

Counter

koha-Tube

エレクトーン動画コンテスト2017自由部門入選作品

こちらをぜひご覧下さい

Web番組「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」
エレクトーン、始めませんか?



最新記事

最新コメント

[09/25 如月]
[05/30 如月]
[04/19 如月]
[04/04 如月]
[03/24 如月]
[03/20 如月]
[04/26 ハルカ]

Category

Calendar

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Archives

Blog内検索

koha-Cの本棚

Links

バーコード