忍者ブログ

Second Expression ―目指せ、エレクトーンマニア―

エレクトーン(特にELシリーズ&STAGEA)を(色んな方向から)愛してやまない管理人が、エレクトーンや音楽について色々と語っております。

小さなエレクトーンと問題児の話 3

某所に別名で投稿した「エレクトーン擬人化」の小説です。
※長いので、何回かに分けて投稿します
 
個人の勝手なイメージで「もしもエレクトーンが人間の姿をしていたら…」と考えたものであり、ヤマハ本社様及び関係者様とは一切関係ございません。


大丈夫!という方は、追記よりお楽しみいただければ幸いです…


*****



卒業の日。
厳粛な式を終え、時間も昼に近づいてきた頃、彼女は音楽室に来た。
EL-17の電源を入れる。

「…やぁ」

17が姿を現した。
彼女は静かに微笑んでうなずいた。

「…そのかっこう、まるでエレクトーンみたいだね!」
「あはは、そういえばそうかも」

彼女はその日、黒のパンツスーツを着ていた。

「…最後に、あんたに会っておこうと思って」

彼女がそう言ったあと、少しだけ沈黙が流れた。

「式は無事終わったの?」
「うん、何とか終わったよー。もうあんな堅苦しい式なんかこりごりだよ…。ま、4月からはそういうのはなくなって自由になれるけどね!」

彼女は、4月から自由な校風の学校への進学を決めていた。

「…本当に、あんたがいたからここまでやってこれたよ。あんたがいなかったら…下手したら退学になってたかもしれないし。あんたはこの学校で初めて私を人間として扱ってくれたから…本当に、ありがとね」

彼女は言いながら、声をつまらせた。

「あの時は相当ぐれてたもんねぇ~」
「うるさい!」

17は2年とちょっと前を思い出しながら、しみじみと言った。
もちろん、17に悪気がない事は彼女も分かっている。

「…ねぇ、最後に僕で何か弾いてよ」
「そう言うと思って、ちゃんと考えてきたよ!」

彼女はEL-17本体のいすに座ると、音色をピアノに設定した。
そして、式で歌った曲の伴奏を弾き、初めて弾き語りをした。
ピアノの音色と彼女の歌声が音楽室に響く。

「――どう?」

彼女は演奏を終えると、17のほうを向いた。

「うん。ありがとう、…っ」

17の目から涙がこぼれた。

「ちょっ、あんたが泣いてどうすんの!?」
「そういう君だって、さっきから目がうるんでるよ!」
「うっ、うるさいなぁ…!」

彼らは2人して涙を流した。

「…君はさっき僕にありがとうって言ってくれたけど、僕だって同じだよ。この学校の中でエレクトーンをやる人も、僕がエレクトーンだって気づいてくれる人も少ないから、君が僕に気づいてくれた時、久しぶりにここでの弾き手ができて――ここで僕をエレクトーンとして見てくれる人ができて、本当に嬉しかったんだ。僕も、君には感謝の気持ちでいっぱいなんだよ。…本当に、ありがとう!」

17はそう言いながら彼女の手をとった。

「卒業しても、またここに遊びにきてくれる?」
「いや、それはないな」

彼女は即答した。

「えぇーそんなぁ…」
「だってうちに500があるし、別にこの学校も好きになったわけじゃないし、わざわざここに来る理由がないから…」
「…じゃあ、今の演奏が本当に最後だね…」

17が寂しそうに下を向いた。
彼女は17のその顔をじっと見た。

「…まぁ、でも」

やがて、彼女が口を開いた。

「…あんたの顔を見にだったら、ここに来てもいい、かな!」
「ほんと!?」
「うん。私が来ないと、あんたが元気なくしちゃいそうだからね。…元気じゃないあんたなんて、あんたらしくないから」

彼女は言いながら、目をそらした。

「じゃあ、これからもいつでも好きな時にここに遊びにきてよ!あ、もちろん――」

17が言いかけると、

「先生達には許可をとっておくから大丈夫、でしょ?」

彼女がこう言ってめくばせをした。

「そうそう!…もし遊びにきてくれたら、新しく入った子達にも演奏を聴かせてあげてよ」

17の言葉に、彼女は微笑みうなずいた。

「じゃあ…そろそろ、行くね」

やがて彼女はそう言って、ゆっくり手を離した。

「…あんたがいてくれて、本当によかったよ。今まで、本当にありがとう」
「僕のほうこそ、ありがとう!」

彼女は、EL-17本体の電源ボタンへ手を近づけた。

「それじゃあ…また、ね」
「…うん。またね!」

――EL-17の電源を切った彼女は、音楽室の電気を消すと、ドアをあけた。

(…またな!)

彼女は再びEL-17のほうを見、涙をこらえると、音楽室をあとにした。



後書き


今回の話は小学校の時に音楽室にEL-27がおいてあった事が元になっていますが、ELシリーズで一番下のEL-17のほうが擬人化設定的にも話を書きやすいと思ったので、17を登場させました。
学校でいやな思いをしてきた子が、音楽室のエレクトーンがきっかけでだんだん学校生活が楽しくなればいいじゃない!!と思い今回の話を考えました^^
かくいう私も小学校では色々あったけれど、この主人公ほどぐれてはいませんよ!^^;そしてこの子ほど能力もありません…
しかし主人公を生意気に書きすぎていないかひやひやです。汗
学校嫌いからくる生意気さだと思ってどうか許してあげて下さい…

この話を書いていて、エレクトーンの最大の武器はやっぱり3つの鍵盤なんだなぁ…と改めて思いました。
そして、楽器達も人間と同じように、自分の存在を認めてもらえるとやっぱり嬉しいんじゃないかな…
そんな事が伝わっていれば嬉しいです^^
PR

カウンター

koha-Tube

エレクトーン動画コンテスト2017自由部門入選作品

こちらをぜひご覧下さい

Web番組「つるの剛士のエレクトーンチャレンジ!」
エレクトーン、始めませんか?



最新記事

最新コメント

[05/30 如月]
[04/19 如月]
[04/04 如月]
[03/24 如月]
[03/20 如月]
[04/26 ハルカ]

カテゴリー

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 14
17 18 19 20 22
24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

ブログ内検索

koha-Cの本棚

リンク

バーコード